おすすめの着物買取店を紹介!着物を高く売るポイントや買取相場も

着物の帯画像
実家のタンスの整理をしていたら着物がたくさん出てきたけど使わないし困っている、
親からもらったものの使わないしお金に困っているから着物を少しでも高く売りたい、
着物の生前整理・遺品整理で悩んでいる、

といった着物の処分や取扱いで困っている方もいらっしゃるかと思います。

着物をタンスに眠らせるのももったいないし、でも売るにしてもどれくらいで売れるかわからないしとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここでは着物の処分に関して、着物のを売るという目線で着物買取業者について見ていきたいと思います。

目次

着物の買取方法

買取査定員の画像

最初に着物の買取方法について簡単に見ておきましょう。

不用品を売るというと最近はメルカリというフリマアプリが有名で、こうしたアプリを使って不用品を売る方も増えています。
しかしながら着物に関しては注意が必要で、専門知識が必要なケースも多いことからあまりおすすめの方法ではないと個人的に思っております。

これに関しては以下のページにて説明しておりますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

着物を売るのにメルカリと着物買取店どっちがいいのか?

ここでは、フリマアプリ以外の方法について見ていきたいと思います。

▼3つの着物の買取方法

出張買取 あなたの自宅に着物に詳しい査定員の方が来てくれます。
査定員の方が来てくれるのでこちらとしては楽で良いです。
近年最もおすすめの方法です。当然出張料金等は取られず無料ですので安心してください。
持ち込み買取 これまで一般的だった方法です。
最近はフリマアプリの登場や上記のような出張買取が一般的になってきたことから、利用者は減少傾向ですが、持込買取が良いという方もまだまだ多いです。
宅配買取 宅配で送って査定してもらうので、人に会わずに完結させることができる方法です。
梱包したりする手間はかかりますが、家から出られない、家に人を入れられないという方には良いでしょう。
なお、買取をキャンセルする際、送り返してもらうための返送料がかかるケースがあるので注意が必要です。
また、クーリングオフ適用外なケースが多いのでトラブルには注意しましょう。

 

着物買い取り・査定は業者により価格差が大きいことがあるので注意が必要

例えば一般的なブランド品に関しては買い取り業者間でそこまで大きな差がでないことが多いのですが、着物や骨とう品等に関しては業者間で買い取り価格に大きな差が出ることもあります。

着物には、留袖、振袖、付け下げ、紬等様々な種類があり、それぞれ格があります。

また、有名作家の作品や古くて希少価値の高いものに関してはかなり高額で取引される着物もあります

それぞれごとに価値は異なり、一見しただけではわかり難いことも多いです。

もしかしたら現在お持ちの着物はすごく価値があるものかもしれません。

着物の価値判定は非常に難しく、買い取り査定にバラつきが出ることもあるため、一般的な買取業者ではなく、信頼できる着物の専門家がいる買取会社に査定をお願いすることをおすすめします。

もちろんどこの会社様もプロの方が査定をしてくれるので大きな間違いはありませんが、高級着物になってくると、数万円の差が出てくることもあります。

どうせ売るのであれば、少しでも高く買い取ってくれるところにお願いするようにしましょう。

着物の買取業者おすすめ6選を紹介

ここからは、実際に着物の買い取り店について見ていきたいと思います。
6社紹介しますが、複数の買取会社にお願いするケースでは、この中から3社程度に査定をお願いしてみましょう。

バイセル

着物買い取りバイセル
バイセルは比較的着物の買い取り査定価格が高い傾向にあるサービスです。

私もすべての着物に関して、業者間の価格差を比較したわけではないので一概には言えないのですが、他の着物買い取り業者よりも数倍程度高い買い取り査定を頂いたことがあります。

特に結城紬や大島紬等に関して、他の業者では数千円の買い取り査定だったものが、こちらにお願いしたところ数万円になったケースがあります。

冒頭に記載したように、有名産地の着物、作家物の着物であれば、買い取り額が数十万円になることもあり、売り先を間違えると大きな損をしてしまうケースもあることから、一見価値がないように見えるものであっても、複数の買取業者さんに査定をお願いしてリスクヘッジをした方が良いでしょう。

バイセルに関しては出張買取・査定(自宅まで来てくれる)を無料で行ってくれるので、気軽にお願いすることができます。
出張買取・査定に関しては全国対応しているので、地方に住んでいる方も問題なく利用することが出来ます。

また、来てもらうのが嫌だというケースでは宅急便で送ると査定してくれるので、出張査定が嫌だという方は郵送にて査定をお願いしてみましょう。

売却後のフォローもしっかりしており、不当に安い値段で買い取られていないか確認することもできますので、安心して利用することができます。

実際に売るか売らないかはともかくとして、まず査定してみたいというケースにおいて最初に利用してみるのにおすすめの着物買い取り業者さんとなります。

■バイセルについて

買取金額
買取・査定方法 出張買取、持込買取(東京本社のみ)、宅配買取(宅配買取は自身で梱包するものを用意する必要があります)
査定にかかる費用 無料
対応地域・住所 ・出張買取、宅配買取は全国対応
<店舗持込買取の住所>
東京本社:東京都新宿区四谷4丁目28番8号 PALTビル 6F/8F/9F
※持込の場合も事前にHPから予約を行いましょう。
バイセル着物買取の補足 東京本社のみ持ち込みに対応していますが、基本的に出張買取の利用が楽でおすすめです。
買取金額はもっとも高額である可能性が高い買取店のためおすすめです。
バイセルのおすすめポイントまとめ

  • 着物の買取価格が比較的高い傾向
  • 無料でプロの方が査定をしてくれる、査定だけでも問題ない
  • 全国対応
  • 買取をその場でお願いする場合、即現金化できる
  • クーリングオフ制度がある
  • まずは買取価格の査定をしてみたいとお考えの方におすすめ

高額買取専門の買取プレミアム

着物の高額買取サービス買取プレミアム

きちんと保管されていた状態の良い着物はもちろんのこと、シワがついてしまったものや、柄がちょっと古臭いものなども比較的高い値段で買い取りしてもらえる傾向にあります。

比較という点では、バイセルの次くらいに高い値段が付く傾向にあります。

上記バイセル同様に、買い取り後のフォローもしっかりしており、無駄に安く買いたたかれていないかどうか買い取り後の確認もしっかりしているので安心して利用することができました。

出張買取サービス利用の際は女性の査定担当者が良いという方もいらっしゃるかと思いますが、買取プレミアムは女性の査定員も多いので、その辺も安心です。

■着物買取プレミアムの情報

買取金額
買取・査定方法 出張買取・宅配買取
※宅配は自身で段ボールなどを用意する必要があるので出張買取がおすすめ
査定にかかる費用 無料
対応地域・持込住所 ・全国対応(出張買取、宅配買取)
<買取プレミアムの持込店舗住所>
東京都新宿区四谷4丁目28番8号 PALTビル8F
補足 バイセルと同じ系列なので買取金額も同様に高めです。
持ち込みによる買取は東京のみ対応ですが、出張買取を行っており、全国対応です。
買取プレミアムのおすすめポイントまとめ

  • 高額で買い取っていただける傾向が強い
  • 女性の担当者も多い
  • 全国対応
  • アフターフォローも問題ない

買取Piece

買取piece

着物の買取サービス買取pieceは、着物の査定のプロがしっかりとお持ちの着物の価値を判断し、きちんとした査定を行い買取を行ってくれる業者です。

まだできたばかりの買取店のため、実績と評判をほとんど集めることが出来ていないのですが、それほど問題はないように感じます。

状態の良い着物はもちろん高額で買い取りを行ってくれますが、保存状態が少し悪かったり、汚れがあるような着物も買い取っていただけるので、他の業者で買い取りを断られてしまった着物があった際も試しに聞いてみると良いでしょう。

この着物売れるかな?と心配な方はこちらの業者さんにも買取査定をお願いしてみましょう。

他よりも尚更状態の悪いものは買取してくれる可能性が高い傾向にあるように感じます。

■買取Pieceの情報

買取金額
買取・査定方法 出張買取
査定にかかる費用 無料
対応地域・持込住所 全国対応(出張買取)
補足 2019年にできたばかりのサービスのため、利用実績は他に劣ります。
ただ、状態の悪い着物も割とOKな感じなので他でダメなケースに依頼してみると良いでしょう。
買取Pieceのおすすめポイントまとめ

  • 状態の良い着物も比較的高額で買い取りを行ってくれる
  • シミ汚れ等があっても買い取ってくれる傾向が強い
  • 出張買取・査定に対応
  • 売却する場合、その場で即現金で買い取りしてくれる

着物・帯の買取専門店ザ・ゴールド


着物の査定は知識が必要で難しいのですが、こちらの買取会社では、査定を行う社員の方が、査定関連の資格を保持しており、プロの目でしっかりと売値を提示してくれます。

また、女性の査定スタッフが多いので、女性の担当者が良いというケースではこちらの査定業者に依頼すると良いでしょう。

■ザ・ゴールドの情報

着物買取価格
買取・査定方法 出張買取、店舗持ち込み買取、宅配買取に対応
査定にかかる費用 無料
買取対応地域・店舗住所 <出張買取対応地域>
・東京都
※全国的には一部地域に対応していないため、HPよりご確認ください。
<宅配買取対応地域>
・東京をはじめとして全国対応
<持ち込み買取対応地域>
・銀座店:東京都中央区銀座2丁目2-17 有楽橋ビル南館
※その他地域の買取店舗は地域別のページにて紹介しております。
感想 地方にたくさん店舗を構えているのが特徴で、甲信越や北海道エリアで結構評判を聞きます。
東京においては他に強い買取業者も多いのですが、買取金額はそこまで安い方ではありませんのでおすすめの買取店の一つとなります。
ザ・ゴールドのおすすめポイントまとめ

  • 査定のプロのスタッフ
  • 女性スタッフが多い
  • 出張査定・買い取りはもちろん無料で対応してくれる

着物買取の福ちゃん

着物買い取りの福ちゃん画像
着物の査定のプロがいるので安心して着物の買取査定を行うことが出来ます。

作家物の着物や格の高い着物もきちんと査定していただけるので、不当に安い値段で買いたたかれてしまう心配はありません。

有名産地の証紙付きの着物などもしっかり買取価格を提示してもらい、他社より高い金額で売却できるケースが多くなっています。

また、福ちゃんも状態の悪い着物の買取に定評があり、比較的値段をつけて買取してくれる傾向にあることから、少しシミがあって値段が付くか心配だ、というケースでは福ちゃんを利用すると良いでしょう。

出張買取から宅配による査定、店舗に出向いての査定も行ってくれるので、様々なケースに対応していただけます。

安心して利用できる着物の買取サービスの一つと言えます。

■福ちゃんの情報

着物買取金額
買取・査定方法 出張買取・宅配買取・持ち込み買取(東京、大阪、神奈川に対応)
査定にかかる費用 無料(キャンセルしても大丈夫)
対応地域、店舗住所 出張買取、宅配買取は全国対応
<福ちゃん店舗情報>
・東京上野店:東京都台東区上野4-5-6 ウィズビル1階
・東京新宿FC店:東京都新宿区西新宿7-1-4 ゼンコービル4F
・東京渋谷FC店:東京都渋谷区宇田川町28-3 渋谷モーリスビル6階
※東京以外の店舗の住所は各地域別のページにて紹介しています。
補足 着物に詳しい査定員もおり、買取金額も高めなのでおすすめの買取店の一つです。
状態の悪い他では買取不可だった着物も値段が付く傾向にあるのも良いですね。
都内にも数店舗あるので、持込の場合も比較的店舗に行きやすい傾向です。
基本的には出張買取がおすすめではありますが、持込が良い場合での活用も良いです。
福ちゃんのおすすめポイントまとめ

  • 作家ものや高級着物もきっちり査定して高額買取してくれる
  • 査定のプロがいて安心
  • 他で買取不可だった状態が少し悪い着物も買取してくれる傾向
  • 出張査定・買い取りはもちろん無料で対応してくれる

宅配着物買取専門店久屋

着物宅配買取久屋画像
出張査定・買い取りが嫌なケースでは、こちらの宅配専門の着物買い取り・査定サービスを利用すると良いでしょう。

宅配用の専門の段ボールも無料で先方が用意してくれますし、送料等もかからず送ることが出来ます。

家から出ることが難しい方、逆に家に来られるのが嫌だという方はこちらのサービスを使えば全て非対面で着物の査定・買い取りが完了するのでおすすめです。

宅配査定は行ったことが無いため、査定金額については一概にいえませんが、それなりの金額での売却額は提示されるものと思われます。

■久屋の情報

着物買取価格
買取・査定方法 宅配買取
査定にかかる費用 無料
買取対応地域・住所 日本全国(宅配買取)
備考欄 クーリングオフ適用外ですが、宅配用の梱包キットが便利なので良いです。
ただ、査定結果に納得がいかずキャンセルをする場合は返送料がとられますので、買取をキャンセルしない前提で利用するには良いでしょう。
宅配買取という視点においてはおすすめです。
久屋のおすすめポイントまとめ

  • 家に査定員が来るのが嫌な方
  • 対面せずに買い取りを完了させたい方
  • 外出するのが難しい方

着物の高額買取・査定のポイント

一般的な着物の場合、どこの会社に買取査定を頼んでもそこまで大きく金額の差が出ることはありません。
数千円程度の差であり、どこの会社だからものすごく高く買い取ってくれるということもありません。

ただ、高い金額になるような着物に関しては、数万円から下手をすると10万円単位で差が出ることが稀にあるため、どのようなものが高額買い取りになるのか、簡単でいいので知っておくと良いでしょう。

有名作家の着物

これは当たり前ですが、有名作家の着物は高額で売却できます。

小宮康孝氏や北村武資等の人間国宝と呼ばれる方や久保田一竹等の作家のものを万が一お持ちであれば超高額での売却が可能です。

こうしたもののケースの場合、慎重に買取をお願いすべきですので、様々な買取会社さんに査定をお願いするようにしましょう。

なお、証紙(作り手等を証明するもの)があるか無いかで買い取り金額にも差が出るため、証紙の有無も重要となることが多くあります。

有名産地のもの(証紙付き)

着物は作り手以外にも産地で価値が大きく変わってきます。

加賀友禅や京友禅といった有名産地の着物は比較的高い値段で買い取りしてもらえます。

注意点としては上記で記載した通り、証紙があるかないかはとても重要です。

例えば結城紬等はまがい品等もあり、そもそも証紙自体も偽物なんてものもありますので、きちんとした品物で本物の証紙であればそれなりの値段が付きます。

産地ごとの着物の買取や買取相場に関しては本ページの後半で詳しく触れています。

大正ロマン着物(アンティーク着物)

着物に限らず、あらゆるものに関して古いもの、歴史的価値のあるものには高額な金額が提示されることが多くあります。

着物に関していくと、アンティーク着物と呼ばれる昭和以前に作られたものは価値が高いとされます。

このあたりの価値判断は非常に難しく、着物に詳しい査定員がいない一般的な買取業者にお願いしてしまうと単に古いものとしてその価値がわからぬまま買いたたかれてしまうこともあります。

本ページにて紹介している着物業者に依頼することで、こうしたアンティーク着物もしっかり査定してくれるので、変な損はしないように気をつけるようにしましょう。

着物の素材に気をつける

正絹や紬などきちんとした糸で作られている着物はそれなりの値段で買い取りしてもらえますが、最近多いポリエステル素材のものは高値で買い取りしてもらうのが難しいです。

ポリエステルのレベルも上がってきているので遠目で見るだけだと意外と違いはわからないものですが、近くでよく見ると安っぽさが目立ってしまうこともあります。

そのため、お持ちの着物がポリエステルの場合は買取が難しいことが大半ですので素材には気をつけましょう。

ミシン縫いの着物は安い傾向。手縫いの着物の方が高い

手縫いもミシン縫いも見た目に違いはわかり難いのですが、手縫いは微妙な縫い加減で仕上がりがやわらかく、着やすさがミシン縫いのものと全然違います。

ミシン縫いは縫い目が丈夫なので洗える着物や浴衣に多く見られます。
ただ丈夫ではあるもののミシン縫いにすると仕立て直しが出来ないものもあり、洗い張りやサイズを変えながら長く大切に着ていく高価な着物には向かないです。

そのため、訪問着を始めとして高価な着物はほとんどが手縫いです。

基本的に手縫いの着物の方が買う時も売る時も高値です。

男性用の着物も買い取り対象になるのか?

男性着物
着物というと女性のイメージですが、男性物の着物もあります。

男性ものの着物は売れないと思っている方がたまにいるのですが、比較的買取に応じてくれる会社さんが多いです。

私は男性物の着物は査定に出したことはありませんが、話を聞く限り買取していただけることがほとんどですので、男性用の着物をお持ちで売りたいと思っている方も査定をお願いしてみましょう。

着物買取サービスを利用してトラブルが起きることもあるのか?

私は特にこれといったトラブルや不満に感じることに遭遇したことはありませんが、時々トラブルの話も聞きます。

まあ、トラブルはなんのサービスでも起きるものではありますので何とも言えないところではありますが、どのようなトラブルが起きるのか、代表的な物を見てみましょう。

着物以外のものを買い取りできないかと物色されることがあったらしい

着物買取サービスを行っている会社さんでは、着物以外にも様々な骨董品やブランド品の買取を行っているケースが多いです。

そのため、着物の買取・査定をお願いすると、その他に何か売りたいものは無いか?と必ず聞かれます。

真面目な方の場合、他に何か売れるものは無いか真剣に考えてしまい、それを負担だと感じてしまうこともあるようです。

また、訪問系の着物査定サービスだと、査定員の方からも何かほかにないかと聞かれることも多いのですが、その時にもやはりプレッシャーを感じてしまう方もいるようです。

私の場合、基本的に特に売りたいものが無い場合は普通に無いとキッチリお断りしますが、人が良い人の場合、あれもこれもと考えてしまい、負担になることがあるようです。

これを無理やり迫られたと感じてしまう方もいるようなのですが、普通に断れば問題ありませんのでご安心ください。

少なくとも私の場合、何か無理やり他に売るものがないか迫られたり物色されたことはありません。

ものすごく安い金額が提示される

これはたまにありました。

例えばA社では6000円の査定結果だったのに対し、B社では2万円ということがありました。

悪意があるのかどうかは別にして、買取完了後にしまった!と感じることもあるようなので、しっかり信頼できる買取会社さんにお願いするようにしましょう。

一般的な着物の場合、基本的にバイセルが最も高い金額を提示してくれるケースが多いので、バイセルにとりあえず査定してもらって買い取ってもらうのがもっともリスクの少ない売却になるかなと個人的には最近感じています。

宅配で着物の査定をお願いしたら返送の際に汚くなって帰ってきた

私は宅配サービスは使わないのでなんとも言えませんが、こちらから送った時よりもシワが多くなって戻ってきたといったトラブルもあるようです。

これは業者が悪いのか、はたまた送付する際の梱包の仕方が悪くて配送中にシワがついてしまったのか判断が難しいところですが、ありそうなトラブルではあります。

送る際は必ずシワにならないように梱包すると同時に、元の状態をスマートフォンのカメラなどでしっかり記録に残しておくようにしましょう。

基本的に業者さんは着物の扱いのプロなので、シワになるような返送をすることは無いとは思いますが、万が一の時に備えておきましょう。
シワになると買い取り金額が下がってしまう可能性もありますので。

個人的な見解ですが、宅配じゃなくても良いのであれば極力出張買取サービスを利用した方が安全です。

万が一のトラブルに備えて実績の高い業者を活用するようにしましょう

基本的に実績が高い業者であればトラブルに見舞われることは多くありません。

それにきちんとした会社さんであれば万一トラブルになったとしても、アフターケアーがしっかりしているので安心です。

ちなみに無名店や地元のリサイクルショップ等に持ち込む方もいますが、こうしたケースではトラブルに合う確率が比較的高めです。
リサイクルショップの場合、異様に買取価格が安く、損をしたというケースは多く聞きます。

また、買取業者は実はちょっと怪しい方々が裏で運営しているといったケースもあり、着物に限りませんがこうした買取系では時々トラブルに巻き込まれることもあります。
査定金額によっては売りたくないケースもあると思いますが、無理やり脅されて売らされてしまうことも無きにしもあらずです。

万が一こうしたことに巻き込まれてしまった場合、特定商取引法に違反しているケースも多いため、もし何か脅されたりトラブルに見舞われた際はこうしたルールに違反していないか確認するとともに、消費者ホットライン等に相談するようにしましょう。

泣き寝入りはダメです。

クーリングオフ制度が使えれば売ってしまった後も安心

先ほど特定商取引法を紹介しましたが、基本的にクーリングオフ制度が適用されます。

もし着物を売ることに同意してしまった後に何か不足のことに気が付いたらクーリングオフ(8日以内です)を活用しましょう。

本ページで確認が取れている会社さんとして、バイセル、買取プレミアム、福ちゃん、ザ・ゴールドとなります。

久屋はクーリングオフ適用外(宅配買取のため)とのことでしたので注意しましょう。

トラブルは避けたいものですが、何か起きた際にもクーリングオフできればそれなりに安心です。

どこの着物買取サービスを使うか迷ったら

着物買取業者選びに迷う女性
着物買取を行っている会社の数は近年増えており、どこにしようか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

本ページでは実績が高いところ6社に絞って紹介しましたが、6社の中でさらにどこにしようか迷ってしまう方もいるでしょう。

特に初めて着物を売るという方は尚更かと思います。

そこで、最後にどこにするか迷ったときにおすすめの着物買取会を紹介します。

高額買い取り・査定の実績が多いバイセルがおすすめ

高額着物買取バイセル
何を重視するかにもよるかもしれませんが、基本的には高値で買い取ってほしいという方が多いのではないのでしょうか?

私が利用していてもっとも着物の買い取り金額が高い会社さんに関しては、バイセルが実績が一番高いと思いました。

他社と比較して、数倍の差が出ることも多く、どうせなら1円でも高く売りたいというのが本音ですので、高い金額で査定してくれるところを活用しています。

たくさんのサービスを利用するのも大変かと思いますので、迷ったり、どこにするか決められないというケースではバイセルを活用すると良いでしょう。

バイセルの着物買い取り対象地域は全国だが持ち込みは東京新宿本社のみ

バイセルの出張買取・出張査定は全国対応ですが、持ち込みによる買取・査定は東京本社(2019年10月現在)のみとなりますのでご注意ください。

基本的には出張サービスを利用することをおすすめします。

出張サービスは全国対応で、東京都や京都、大阪、福岡、愛知等の主要都市はもちろんのこと地方等にも対応していますので、ご安心ください。

着物の見分け方

着物が出てきたものの様々な種類があり何が何やらと悩んだことがある方もいるのではないでしょうか?
私は個人的にちょっと悩みました。

高く売れるかどうかは別にして、フォーマルな着物なのかそれともカジュアルに使えるものなのか、着物の見方についてちょっと見ていきたいと思います。
※着物の種類ごとの相場も後で見ていきたいと思います。

染めの着物か織りの着物か

染めの着物の方が織りの着物よりも格が上でフォーマル度が高いとされています。

染めと織りの違いは、あらかじめ染められた糸で織られたものなのか、それとも後から染められたものなのかの違いです。
地色や柄が後から染められたものが「染め着物」となりますので、チェックしてみると良いと思います。

柄や紋の入り方も重要で、柄が縫い目で途切れずに一枚の絵のように描かれた「絵羽模様」は第一礼装の留袖か訪問着、柄に上下があれば訪問着を略式化して格が少し下がる付け下げとなります。

黒留袖と小紋以外の染めの着物は紋の数によって格は変動しますので、紋の入り方にも注目しておくのが良いでしょう。

着物の種類ごとで買い取り価格は変わるのか?着物の買取価格相場の視点で着物の見分け方を見てみる

上記では着物のフォーマル度の違い(格の違い)について少し説明しましたが、格が高い着物だからと言って必ずしも高く売れるというわけではありません。

高く売れるものの特徴として、これまで説明してきた通り、有名作家のものなのか、サイズ感はどうか、保存状態はどうか、市場で需要のある種類のものか、歴史的価値があるものか等が考慮されます。

一概に定型化できるわけではありませんが、相場や一般論というものはありますので簡単に見てみましょう。

※ここでは作家物やアンティーク着物に関しては考慮しておらず、家庭で眠っている着物を中心に考えております。

黒留袖・色留袖の買取相場:1,000円~10,000円前後

黒留袖の買取相場の画像

黒留袖は既婚女性の第一礼装の着物で、結婚式の際に新郎新婦のお母さま等がよく着ていて見かける機会もあることと思います。
裾周りにだけ絵羽模様があるのが特徴で、染め抜き日向五つ紋があるのが特徴です。

黒留袖は第一礼装の着物なので格は高く、比較的買取値段が付きやすい傾向にありますが、一般的な着物であれば1万円程度値段がつけばよい方ではないかと思います。

ちなみに、色留袖は黒留袖と違って、黒ではなく様々な色合いのものがあり、すそ周りにのみ絵羽模様が入っているのが特徴です。
未婚・既婚問わずに着られる正装で、紋の数で格が変わります。

全ての着物に共通して言えることですが、ここではあくまで一般的な買取金額を記載するにすぎませんので、当然ものによっては高くも安くもなりますので、しっかりプロの方に査定してもらって買取価格の確認をお願いします。

黒留袖の詳細は以下の記事にて説明しておりますので興味のある方はご覧ください。

黒留袖とは?

色留袖とは?

訪問着の買取相場:1,000円~30,000円

訪問着の買取相場

訪問着は割と高く売れる傾向にあるように感じました。

訪問着は社交着として用いられ華やかなものが多く、既婚・未婚問わないフォーマル度の高い着物です。

明治時代に英語のビジティングドレスと同格の着物として考案されたものです。当時は訪問服と名付けられていました。

買取価格は比較的高い傾向にあり、3万円前後で売れるものもありましたが、最近の着物で素材が安っぽい(ポリエステル系のやつ)のだと1000円程度になってしまうこともあります。

一般的な絹であれば1万円前後の値段はつくと思います。

自分で素材がわからないケースもあるかと思いますのできちんと査定してもらいましょう。

訪問着について知りたい方は以下の記事をご参考ください。

訪問着とは?

振袖の買取相場:10,000円~50,000円

振袖の買取相場の画像

振袖については多くの方がよく知っているものだと思います。
その華やかさは若さの象徴とされており、未婚女性の第一礼装となります。

振袖も割と高く買い取りしてもらえる傾向にあります。
晴れ着として成人式やその他パーティー等でも頻繁に利用されることから需要が高いということが理由として挙げられます。

ポイントとしては作家物や歴史的なものを除いては、流行みたいなものもあるので、古いものだと多少値段が落ちる傾向にあると感じました。

それでも1万円以上の値段がつくものがほとんどでしたので、振袖は比較的高額で買い取っていただけるケースが多いです。

振袖について詳しく見たい方は以下をご覧ください。
振袖とは?

付け下げの買取相場:5,000円前後

付け下げの着物
付け下げというのは訪問着を着ていくほどではないな、というようなところへ行くためにつくられたもので、訪問着を簡略化した使い勝手の良い訪問着より気軽な着物です。

そもそも購入する時点で訪問着より安く買えるものなので、そういう意味でも結構人気があり、用途も広いので便利なことから需要は高いので一定の値段がつきます。

付け下げの買取価格は数千円のケースが大半ですが、1万円程度の値段がつくこともしばしばあります。

付け下げについては以下をご覧ください。

付け下げとは?

色無地の買取相場:3,000円前後

無地染めの着物で、紋をつけることで慶弔両用の準礼装として使えます。
格式のある一色染めで人生の節目の大切な時に使われてきたのがこの色無地です。

茶会の席でも色無地(一つ紋)を着ることも多いので、お茶をやっている方にとっては割と必需品で重宝するようです。

買取価格はそれなりに需要があるので値段がつきますが、数千円前後が多いでしょう。

概ね3000円~5000円程度で買い取りが行われる印象です。

江戸小紋の買取相場:5,000円~15,000円前後

江戸小紋は江戸時代に大名が裃に染めた藩の定め小紋に由来しており、柄の大きさ、種類で着物の格が変わります。

江戸小紋三役と呼ばれる行儀、鮫、角通しの三柄は格が高く、色無地に見えるほど細かい柄の物は柄の名前の前に「極」がつけられます。

一つ紋を入れると準礼装として使えます。

柄の入り方で格が変わると書きましたが、大柄のものや遊びのきいた柄のものは町人文化の中でうまれたもので、普段着として使われるものとなります。

小紋のなかでも江戸小紋を始めとして、京小紋等も比較的需要が高いため、比較的高い金額で買い取ってもらうことが出来ます。

紬の買取相場:3,000円~数万円

全国各地で作られている紬は、産地の名前を付けて呼ばれるます。
結城紬、大島紬といった有名産地の名前のものは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

紬糸というのは、真綿を紡いで糸にしたものをいい、結城紬が代表的なものとなります。

一方で、先ほど紹介した有名な大島紬は、絹糸で織られた着物です。絹糸で織られていても、先染めなので紬とよばれるものもあります。

有名産地の紬はそれなりに高値で買い取りしてもらうことができますが、大島紬でも6,000円前後の買取が多かった印象があります。
※保存状態がそれほど良くないもので且つ有名作家が監修したようなものではありません。

証紙があるものは必ず証紙もつけましょう。

着物の帯やその他の付随品の買取相場

着物の帯や長寿版等も買い取り対象となります。

ただ、長寿版は下着に位置づけられるものなので、ぶっちゃけ高値で売れることはありません。

帯に関しては、名古屋帯、袋帯等の高級な帯は高値で買い取りしてもらえます。

買取価格は一概にいえませんが、1000円~8000円前後で売れます。

もっとも格の高い袋帯は比較的高値で売れますが、華やかな名古屋帯も高値で売れました。

着物の需要は高いので結構売れる

着物のイメージ画像

近年趣味で着物を楽しむ人も増えていることから着物の買取需要も増加傾向です。

着物の買取サービスを利用される人も毎月数万人もいらっしゃるようで、市場は活況です。

もし着物を売ろうとお考えの方がいらっしゃいましたら、需要が高く、高値で売れる今の時期に売ることをおすすめします。

初めて着物の買取査定をお願いするケースや特に懇意にしている着物買取店が無いという方は、比較的高額で買い取ってもらえるケースの多いバイセルを利用すると良いと思いますので、まずは査定だけでもお願いしてみてはいかがでしょうか。

各地域(産地)の着物と買取について

上記までで少し触れましたが、着物や織物は産地により価値や特徴が変わってきます。

紬の買取相場の項目では大島紬(鹿児島・宮崎)、結城紬(茨城)など有名なものに関して触れました。

東京であれば江戸伝統の江戸小紋等を紹介しましたが、産地別の着物・織物の特徴を見ていきましょう。

東京の紬「黄八丈」:黄色い格子柄の着物

黄八丈の画像
画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%85%AB%E4%B8%88

東京は東京でも、伊豆諸島の八丈島で織られている絹織物の総称を「黄八丈」と呼んでいます。
格子や縞の柄が多いです。

無地や染め分けもあるのですが、こっちの方は「八丈絹」と呼ばれることが多いです。

一般的には黄色の糸を使ったものが主流ですが、他にも樺色と黒の黄八丈もあります。

歴史的には、黄八丈は黄紬の名で鎌倉幕府の北条氏に献上された歴史を持ち、江戸時代には江戸幕府に「八丈絹」として献上され、その後一般の町人たちにも愛用されるようになっていきます。

黄八丈という名は江戸時代の終わりころに呼ばれるようになっていきました。

よく時代劇や歴史もののドラマなんかで黄色っぽい格子柄の着物を着た町娘の方が映っているかと思いますが、あれらはだいたい黄八丈です。
イメージ湧きますでしょうか?

なお、紬糸のものはわずかで、生糸を用いて平織りされているものがほとんどです。

黄八丈の買取相場

黄八丈と言っても買取相場は様々です。

有名作家(山下家)のもの伝統工芸士(西條吉広氏)のものは高い値段が付きます。

過去の経緯から有名作家ものでもなく証紙も無い一般的な黄八丈ですと高くて数千円です。

一方で有名作家の山下家の作品や西條吉広氏の作品だと数十万円で買取してもらったという話を聞きます。
※すみませんこれは聞いた話で私の体験談ではありません。

上記で黄色のものが基本であるとお伝えしましたが、現代においては黒の黄八丈の需要が高まっていると買取業者さんから聞きました。
現代はコーディネートの都合からどうやら黒の方が合わせやすいというのが理由のようです。

証紙付きの黒の黄八丈であれば数万円~10万円での買取もあるとのことですので、しっかりプロの買取会社さんにみてもらってしっかり価値を判定してもらいましょう。

石川県の着物:「加賀友禅」と「牛首紬」

加賀友禅は恐らくほとんどの人が名前を聞いたことがあるかと思います。

金沢を中心に染められている友禅染です。

牛首紬は頑丈で、生地が釘に引っかかっても破れないどころか、むしろ釘を引き抜いてしまう、と言われるほど頑丈とされており、そうした逸話から「釘抜き紬」として呼ばれていたこともあります。

簡単に加賀友禅と牛首紬の買取相場について見ておきたいと思います。
詳細は以下のページより確認頂けます。

石川県の着物買取店を紹介!石川で着物を高く売るならどこがおすすめ?

牛首紬の買取相場

牛首紬は買取に出したことがありませんので、着物買取会社さんからの情報をもとに記載させていただきます。

高額買取で有名なバイセルのページによると、牛首紬の相場は数万円程度とのことです。
有名作家の物であれば、他の着物同様に数十万円の値が付きます。

ただ、当然証紙の有無、保存状態の良し悪しが関わってきますのであくまで参考程度に留めましょう。

実際に私が保持していた大島紬は証紙付きでも、どこも数千円程度の値段しかつかなかったものもあります(買取相場は数万円と言われていましたが)。

思いがけず高額で買取していただけることもありますが、査定に出してみないとわからないので着物のプロに見てもらいましょう。

加賀友禅の買取相場

詳細は先ほど記載したページをご覧ください。
加賀友禅は高額買取が期待できる着物ですが、作り手により金額が大きく変わり、非常に難しいため、買取を依頼するケースではしっかり着物がわかる人に見てもらう必要があります。

長野県の紬:信州紬についてと買取相場について

信州紬の生地画像

個人的には信州の出身ということもあり、好きな着物です。
※着物の画像がなくてすみません。生地のアップとなります。

上田紬は日本三大紬の一つとして言われることもあるくらい有名で(大島紬と結城紬は有名ですが3つ目は上田紬以外のものが入ってくることも多いのが実情ですが)、井原西鶴の浮世草子の日本永代蔵にも登場します。

その他草木を利用して染める技法も特徴で、深みのある味わい深い着物が多くて好きです。

なお、信州紬の詳細や買取相場については以下の記事をご参照ください。

長野県の着物買取店まとめ 長野で着物を高く売るならどこがいい?信州紬も紹介

こちらの記事の信州紬の項目で詳しく説明しております。

注意点としては買取相場はあってないようなものなので、しっかり査定してもらいましょう。

岡山県の着物:作州絣の詳細と買取相場について

岡山と言えば作州絣が有名でしょうか。

杉原博作が有名ですが、伝統的工芸品に指定されており、人気もあります。

作州絣に関する詳細や買取相場については岡山県で着物買取をお願いするならどこがいい?口コミ・評判・実体験から岡山でおすすめの着物買取店を紹介!の記事内の作州絣の項目で触れておりますので、詳細はこちらのページをご覧ください。

愛知県の着物と買取相場について

愛知県にも名古屋友禅や有松・鳴海絞りといった有名なものがあり、伝統工芸品などに指定されています。

買取金額が高く物もありますのでお手持ちの着物でこれらのものがあるようであれば買取査定に出してみも面白いでしょう。

特に有松・鳴海絞りは人気もありますので高く売れる可能性があります。

買取相場や愛知の着物の詳細は以下の記事の下の方に記載してありますので目次を確認頂き参照ください。

愛知県で着物買取を依頼するならどこがいい?愛知の着物買取店まとめ

京都の着物と買取相場について

京都の着物は様々な伝統工芸品があり、高値で買取されるものも多くあります。

京友禅や西陣織など有名なもので証紙があるものや有名作家のものであれば高額買取も期待できるでしょう。
数十万円になるものもあります。

こうした京都の着物、京都産地の着物の買取相場については以下の記事の下の方で説明しておりますので、詳細はそちらをご確認ください。
※下記記事の目次を見て頂ければすぐに移動できます。

京都府で着物の買取を依頼するならどこがおすすめ?京都府の着物買取店一覧

鹿児島の着物と買取相場について

鹿児島といえば大島紬でしょうか。

着物に詳しくない方でも名前くらいは一度は聞いたことがある方が良いでしょう。

保存状態や証紙の有無によっては非常に高く買取される傾向にあるため、しっかり査定してくれる着物買取業者にお願いするようにしましょう。

鹿児島の着物・大島紬については以下のページで紹介しておりますのでそちらから詳細をご確認ください。

鹿児島が産地の着物と買取相場について

新潟県の着物の買取相場

新潟県も着物の産地として有名ですね。

塩沢紬や小千谷紬等は比較的高額買取が期待できる着物です。

塩沢紬を始めとして、新潟県の着物についてや買取相場が気になる方は以下のページにて詳細に説明しております。

新潟県の着物と買取相場について

上記ページをご参照ください。

茨城の着物の買取相場

茨城県といえば結城紬ですね。

結城紬は人気も高く高額買取が期待できる着物の一つです。

こちらも他の産地の着物同様にしっかり着物の価値がわかる方に見てもらうのが良いでしょう。

結城紬の買取相場は非常に高い傾向にありますのでもし売却を検討しているのであればしっかり査定してもらってください。

結城紬の買取相場に関する詳細は下記ページをご参照ください。

茨城県の着物買取店と茨城県の着物結城紬の買取相場について

福岡の着物の買取相場

博多織、久留米絣等が有名ですね。

博多織の帯は比較的人気が高く、状態によっては高値で売れることも多い傾向にあり、比較的買取相場は高めでしょう。

詳細につきましては以下の記事よりご確認ください。

福岡県の着物買取店と福岡が産地の着物の買取相場について

山形の着物の置賜紬の買取相場

置賜紬も有名ですね。
特にその中でも紅花紬は人気もあり、高額買取が期待できることから数万円~10万円以上での買取実績もあります。

山形の着物や買取相場については以下より詳細をご確認ください。

山形県の着物買取店と山形が産地の着物の買取相場について

おすすめの着物買取店のまとめ

本ページではおすすめの着物買取業者の紹介、着物の種類ごとの買取相場、各地域・産地の着物の買取相場と特徴について紹介してきました。

買取相場については一概に断定できるものでもなく、着物の種類だけで決まるものでもありませんので本ページで紹介したしっかりした着物に強い買取会社さんにお願いするようにしましょう。

全国どこでも対応できるおすすめの着物買取店をまとめておきます。

着物買取店名 特徴 買取金額の高さ・おすすめ度
バイセル 着物を売るならもっともおすすめの買取会社です。
買取金額の高さ、着物に関する知識、スタッフの対応総合的にもっともよい会社さんでしょう。
特に買取金額の高さは間違いなくトップクラスです。
もっともおすすめです。着物を少しでも高く売りたい人向け。
買取Piece 周りにも利用している人があまりいなかったので多くの意見を反映したものではありませんが、買取金額はそこまで高くはなかったです。
ただ、シミや汚れのある着物も買い取ってもらえるのでそのあたりはとても良いと感じました。
汚れた着物も買い取っていただけるのがGoodでした。
着物の買取プレミアム バイセルに次に高い金額でした。
基本的にバイセルと似ているなと思ったのですが、どうやら同じ系列のようでしたので、同等の買取金額が期待できます。
女性の査定員が多めです。
買取金額高めなので満足です。
ザ・ゴールド 女性の査定員も多いのがポイント。
出張買取査定においては買取金額はそこまで高くありませんでしたが、持込という視点で見ると高い方です。
持込の際は予約が必要ですのでホームページを確認してください。
買取金額は普通。店舗に着物を持ち込んで買取査定してもらいたいケースではおすすめ。
着物宅配買取の久屋 宅配専門の着物買取サービス。
宅配なので仕方ありませんがクーリングオフがない。
買取金額はここで紹介したなかでは低めの印象。
決して買取金額が安いわけではないが、高くもない。
着物買取の福ちゃん 出張買取も行ってくれるが宅配サービスもレベルが高く、専用のキットが無料で使える。
買取金額は可もなく不可もないが、キャンペーン時に買取をお願いするとトップクラスに高い。
シミ、シワ、汚れのある着物もそれなりの金額で買い取っていただけるのがGOOD。

着物買取店を都道府県別で探す

上記で各産地の着物の買取相場や地域ごとの着物に関して紹介しましたが、
以下に都道府県別に着物買取店を探したい向けにまとめますのでご参照ください。
このページでは全地域を総合してもっともおすすめの着物買取業者を紹介しましたが、各地域地場に密着した買取店もございますので参考にしてみてください。
※都道府県別の買取店情報はまだ全県網羅出来ておりませんが情報をアップデートしてまいります。

北海道地方
  • 北海道
東北地方
関東地方
中部・甲信越地方
近畿地方
中国地方
四国地方
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄地方

音楽と着物

着物の買取とは一見なんの関係もない音楽について触れておきたいと思います。

私は音楽(ピアノ、クラシック、ジャズ等)が好きで、楽団や合唱団(といってもサークルみたいなものです)に所属していたこともあります。

自分がやるのも好きですし、聞くのも好きです。
コンサート等に着物を着ていく機会もあります。

そのため、音楽鑑賞に着ていく際の着物のコーディネートや音楽柄の着物に関しても少し情報配信していければと思っております。

最近は音楽家や楽団の方と染師や着物業者がコラボしたようなイベントも行われており、少しでも着物に興味が持てる人が増えてくれればいいなと思います。

まだ情報は少ないのですが以下のページにて着物と音楽に関する情報の更新を行っております。

着物と音楽

着物や着物買取に関する調査・ニュース

着物の買取に関する市場調査を行ったり、着物が好きな方向けに役立つニュースなんかを配信しています。

着物がもっと身近なものになれば良いと思っていますので、着物の買取に関する情報だけでなく、着物がきたくなるようなものも配信していきます。

評判や口コミから着物買取店を探す

着物買取店を利用した方の声や感想が気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

多くの口コミが寄せられておりますので、それらを参考までに一部紹介しております。
他の人がどのように感じたのか気になる方は参考にしてみてください。

なお、同じ買取店でも良い評判、良くない評判の両方があります。
感じ方は人それぞれですので参考程度に見るのが良いでしょう。

着物太郎猫
少し話がそれましたが、おすすめの着物買取店の情報をもう一度見たい方は以下をクリックすると該当箇所に戻ります。

おすすめの着物買取店6選