【着物買取】着物の買取相場や査定のポイント等少しでも高く売るためのコツやトラブルを回避するためのポイントを解説!

着物買取情報

<高く着物を売るなら福ちゃんが最もおすすめ!>

日本全国対応!出張買取・宅配買取の2通りの買取方法に対応していますが、そのどちらにおいてもおすすめです。
特に新型コロナ以降宅配買取の需要も増えておりますが、買取金額が高い+利用しやすいということで評判は良いです。

福ちゃんの特徴とおすすめポイント!

  • 着物買取金額の高さがトップクラス!
  • 査定スタッフの質も高く安心してお任せできる!
  • 出張買取だけでなく宅配買取でもおすすめ!
  • 他のお店だと買取不可になるようなシミ・汚れのある着物も買取してくれる可能性が高く、助かる!



高く売れる着物買取店をお探しの方へ

着物を少しでも高く売りたい想像

着物を少しでも高く売りたいとお悩みの方、買取店がたくさんあってどこにすればいいのか迷っている方、そんな方向けに着物買取情報をお届けします。

着物は奥が深いため、査定をお願いする業者を間違えると大きく損をしてしまいます。
不当に安く買い叩かれたり、大きなトラブルに巻き込まれないためにもしっかり情報収集していただきたく思います。

着物は高く売れなくてガッカリすることも多々

着物の買取金額は安くてガッカリ?

最初に現実を記載させていただくと、皆さんが思っているほど着物は高く売れません。
購入した時は何十万円もしてものすごく高かったと記憶されている方々も多く、そうした背景もあるのか高額買取を期待される方が多いです。
また、テレビCMの影響もあるのか高く売れると思い込んでいる方もいらっしゃいました。
期待値がかなり上がっている状況です。
そのため、口コミ等を見ても思っていたほどじゃなくてガッカリしたというものはそれなりに多いです。

皆さんが思っているよりも買取金額は安いと思っておく方が良いでしょう。

もちろん高額買取される着物もたくさんありますが、大半の方がそれほど価値の高い着物を所有しているわけではないことや、保管に気を使っているわけでもない一般家庭であることが多いため、かなり安い金額で買取されることも多いです。
また、着物の需要が減少していることも背景としてあるでしょう。

しかし、そのような中でも、買取業者間で数千円、数万円の差が出ることも有りますし、本来は価値ある着物を不当に安く買い叩く業者もありますので、損をしないでしっかり現実的な相場の中で、少しでも高く売るためのポイントや業者を紹介していければと思います。

なお、着物の買取金額が安くなってしまう背景等は以下で詳しく説明していますので気になる方はご覧ください。

着物を必要以上に安く売らないために

着物を必要以上に安く売らないために

一般家庭の場合、着物を長く箪笥の中にしまいすぎてカビやシミがちょっと、、、といったことも多いかと思いますが、こうした状態の良くない着物は買取NGという買取店が多いです。
特にお店を構えて店舗型で運営している規模が小さいところはその傾向です。

一方で、大手の買取業者や出張買取業者等は買取した着物の販路が非常に豊富なので様々なタイプの着物の需要があるので少し状態が悪いものでも値段をつけてくれる傾向にあります。
また、自社で特別なクリーニング工場を持っているケースもあり、状態が悪くても自社で綺麗にできるところも多いので、結果的にそうした着物も買取してくれる大手どころの方が買取金額が高くなる傾向にあります。

そのため、何か特別な理由がない限り、それなりに規模の大きな買取業者を使った方がお得ですし、トラブルも少ないです。

着物専門の買取業者を利用する

着物の買取は着物に精通した買取業者が良い
買取を行う業者やリサイクルショップは無数にありますが、着物を売る際は着物に詳しい査定員がいる買取業者にお願いする必要があります。

着物の買取は専門の知識を持った方にお願いしないとその価値がわからず不当な金額で買い取られてしまうことも少なくないため、きちんとプロの目で見てくれて尚且つ買取金額が高い業者を選びましょう。

法に則った対応等事業者としての質を保っている業者にお願いする

悪徳買取業者に騙されないよう注意する

昨今買取に関して悪質な企業が増えているようで被害が出ています。

自宅に突然電話が掛かってきたり、ピンポンして飛び込みで押し買いをするような業者です。

これらすべてが悪質とは言いませんが、強引に物を買い取ろうとする業者が増えていることからこうした業者に引っかからないようにその場で判断せず、電話などがかかってきたら一旦おいて、事業者名やサービス名等を確認して、古物商許可番号等を取得しているか、事業者が実態としてあるかなどHPを見たりしましょう。
基本的にまっとうな事業者がご自宅に飛び込みで来ることはありませんのでピンポンしてくるところは基本敬遠しましょう。

また、訪問買取等のトラブルや個人間取引で売り手になった際のトラブル事例なども多数報告されています。
トラブルに巻き込まれないためにも必ず信頼のおけるしっかりと素性の知れた業者を使うようにしてください。

参考:消費者庁:買取に関するトラブル

業者により価格差が大きいことがあるので注意が必要

買取業者間で金額に差が出ることがある

例えば一般的なブランド品に関しては買い取り業者間でそこまで大きな差がでないことが多いのですが、着物や骨とう品等に関しては業者間で買い取り価格に大きな差が出ることもあります。

着物の価値がわからない買取業者は論外として、着物に詳しい買取店でも有名作家の着物等は金額に差が出ることも少なくありません。
業者ごとでその時々に応じて力を入れている作家や着物があったりするので、通常より高い金額をつけるケースがあったりすることもあるので差が出たりします。

数十万円の買取金額になってくると、業者間で数万円単位で差が出ることもあるので、もし希少な着物や高価着物を保持しているケースであれば、必ず複数の業者に査定をお願いするようにしましょう。

関連記事

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

買取方法を知る

着物の買取方法は、大きく分けて3つの買取方法があります。

店頭持込買取
持込買取

  • お店の人と直接話しながら買取金額の相談ができる
  • 持ち運びが面倒だが行けば着物について詳しく教えてもらえる
  • 買取金額はやや安い傾向
出張買取
出張買取

  • 自宅に着物に精通した査定員が来てくれるからとっても楽
  • その場で即現金化可!疑問点があればその場ですぐに確認もできる
  • 家に人をあげたくない人には不向き
宅配買取
宅配買取

  • 自宅に専用の梱包キットが届き箱に詰めるだけで楽
  • 人に合わずに買取成立
  • クーリングオフが適用されないので注意も必要

同一買取業者買であれば取方法の違いで金額の高低に違いが出たりはしませんが、近年は店舗を持たない買取業者の方が買取金額は高い傾向にあり、出張買取が人気となっています。

※不用品を売るというと最近はメルカリというフリマアプリが有名で、こうしたアプリを使って不用品を売る方も増えています。
しかしながら着物に関しては注意が必要で、専門知識が必要なケースも多いことからあまりおすすめの方法ではないと個人的に思っております。
これに関しては以下のページにて説明しておりますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

着物を売るのにメルカリと着物買取店どっちがいいのか?

高額買取される着物はどういったものか?

高額買取される着物はどんなもの?

まず初めに、そもそも着物は高く売れないことが多い、という現実を記載しておきます。
高額買取も確かにあるのですが、恐らくこうしたページを見ている方の大半がたまたま箪笥の奥から着物が出てきた、親族の方が持っていた着物(保管状態悪い)の処分に困っているといったケースが多いかと思いますので、そうした着物は二束三文、あるいは良くても数万円程度にしかならないことが多い、ということになります。
これは業者が悪徳というわけではなく、昨今の需要も鑑みると、普通の着物が高額で買取されることは考え難いということです。

例えば訪問着や付け下げ等の比較的需要の高い着物だとしても、作家物や有名ブランドものでない限り、普通の着物であればそこまで大きな金額差は出ません。

着物の状態などによって数百円~数千円程度の差であり、どこの会社だからものすごく高く買い取ってくれるということもありません。

ただ、そうした中でも数千円の差が出ることはあり、10着、20着と数があれば数万円の差が出て来ます。

また、もちろん高額な値段がつく着物、高い金額になるような着物も存在しており、それらに関しては、1つで数万円から下手をすると10万円単位で差が出ることが稀にあるため、どのようなものが高額買い取りになるのか、簡単でいいので知っておくと良いでしょう。

有名作家の着物

辻が花:作家物の着物
これは当たり前ですが、有名作家の着物は高額で売却できます。

小宮康孝氏や北村武資等の人間国宝と呼ばれる方や久保田一竹等の作家の着物を万が一お持ちであれば高額での売却が可能です。

こうした着物の場合、慎重に買取をお願いすべきですので、複数の買取会社さんに査定をお願いするようにしましょう。

なお、証紙(作り手等を証明するもの)があるか無いかで買い取り金額にも差が出るため、証紙の有無も重要となることが多くあります。

  • 羽田登喜男
  • 久保田一竹
  • 蒋雪英
  • 由水十久
  • 福田喜重

上記は特に需要があり高く買取されている着物作家の一例です。
作家物の着物をたくさんお持ちの場合は複数社に査定をお願いした方が良いでしょう。
また、昔ブームになった辻が花(作家物)も需要があり、高く売れる傾向です。
辻が花といえば久保田一竹ですが、もしご自宅に保管されているようでしたら状態が良ければ高く売れることが予想されます。

有名産地の着物(証紙付き)

大島紬
着物は作り手以外にも産地で価値が大きく変わってきます。

大島紬や結城紬、加賀友禅や京友禅といった有名産地の着物は比較的高い値段で買い取りしてもらえます。

注意点としては上記で記載した通り、証紙があるかないかがとても重要な要素となってきます。

例えば結城紬等はまがい品等もあり、そもそも証紙自体も偽物なんてものもありますので注意が必要ではありますが、きちんとした品物で本物の証紙であればそれなりの値段が付きます。

産地ごとの着物の買取や買取相場に関しては本ページの後半で詳しく触れています。

大正ロマン着物(アンティーク着物)

アンティーク着物
着物に限らず、あらゆるものに関して古いもの、歴史的価値のあるものには高額な金額が提示されることが多くあります。

着物に関していくと、アンティーク着物と呼ばれる昭和以前に作られたものは価値が高いとされます。

このあたりの価値判断は非常に難しく、着物に詳しい査定員がいない一般的な買取業者にお願いしてしまうと単に古いものとしてその価値がわからぬまま買いたたかれてしまうこともあります。

本サイトにて紹介している着物業者に依頼することで、こうしたアンティーク着物もしっかり査定してくれるので、変な損はしないように気をつけるようにしましょう。

着物の素材が確かである

高額買取というよりは安い着物ではない、ということになりますが、正絹や紬などきちんとした糸で作られている着物はそれなりの値段で買い取りしてもらえます。
一方で、最近多いポリエステル素材のものは高値で買い取りしてもらうのが難しいです。

ポリエステルのレベルも上がってきているので遠目で見るだけだと意外と違いはわからないものですが、近くでよく見ると安っぽさが目立ってしまうこともあります。

そのため、お持ちの着物がポリエステルの場合は買取が難しいことが大半ですので素材には気をつけましょう。

ミシン縫いの着物は安い傾向。手縫いの着物の方が高い

手縫いもミシン縫いも見た目に違いはわかり難いのですが、手縫いは微妙な縫い加減で仕上がりがやわらかく、着やすさがミシン縫いのものと全然違います。

ミシン縫いは縫い目が丈夫なので洗える着物や浴衣に多く見られます。
ただ丈夫ではあるもののミシン縫いにすると仕立て直しが出来ないものもあり、洗い張りやサイズを変えながら長く大切に着ていく高価な着物には向かないです。

そのため、訪問着を始めとして格の高い着物はもちろん高価着物はほとんどが手縫いです。

基本的に手縫いの着物の方が買う時も売る時も高値です。

男性用の着物の買取

男性着物
着物というと女性のイメージですが、男性物の着物もあります。

男性ものの着物は売れないと思っている方がたまにいるのですが、比較的買取に応じてくれる会社さんが多いです。

私は男性物の着物は査定に出したことはありませんが、話を聞く限り買取していただけることがほとんどですので、男性用の着物をお持ちで売りたいと思っている方も査定をお願いしてみましょう。

関連記事

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

着物買取サービスを利用してトラブルが起きることもあるのか?

上記で触れたような法に触れる行いを行う詐欺業者や悪徳業者ではなく、一般的に名の知れた買取店を利用した際にトラブルが起きるのか見ていきたいと思います。
なお、私は特にこれといったトラブルや不満に感じることに遭遇したことはありませんが、時々トラブルの話も聞きます。

ただ、トラブルはどんなサービスでも起きるものではありますので何とも言えないところではありますが、どのようなトラブルが起きるのか、代表的な物を見てみましょう。

着物以外の物を買い取りできないかと物色されることがあった、らしい

着物買取サービスを行っている会社さんでは、着物以外にも様々な骨董品やブランド品の買取を行っているケースが多いです。

そのため、着物の買取・査定をお願いすると、その他に何か売りたいものは無いか?と必ず聞かれます。

真面目な方の場合、他に何か売れるものは無いか真剣に考えてしまい、それを負担だと感じてしまうこともあるようです。

また、訪問系の着物査定サービスだと、査定員の方からも何かほかにないかと聞かれることも多いのですが、その時にもやはりプレッシャーを感じてしまう方もいるようです。

私の場合、基本的に特に売りたいものが無い場合は普通に無いとキッチリお断りしますが、人が良い人の場合、あれもこれもと考えてしまい、負担になることがあるようです。

これを無理やり迫られたと感じてしまう方もいるようなのですが、普通に断れば問題ありませんのでご安心ください。

少なくとも私の場合、何か無理やり他に売るものがないか迫られたり物色されたことはありません。

ものすごく安い金額が提示される

これはたまにありました。

例えばA社では6000円の査定結果だったのに対し、B社では2万円ということがありました。

悪意があるのかどうかは別にして、買取完了後にしまった!と感じても手遅れなこともあります。
ある程度高価な着物であることがわかっているケースではしっかり信頼できる買取会社さん2,3社に査定をお願いするようにしましょう。

宅配で着物の査定をお願いしたら返送の際に汚くなって帰ってきた

私は宅配買取サービスは使わないのでなんとも言えませんが、こちらから送った時よりもシワが多くなって戻ってきたといったトラブルもあるようです。

これは業者が悪いのか、はたまた送付する際の梱包の仕方が悪くて配送中にシワがついてしまったのか判断が難しいところですが、ありそうなトラブルではあります。

送る際は必ずシワにならないように梱包すると同時に、元の状態をスマートフォンのカメラなどでしっかり記録に残しておくようにしましょう。

基本的に業者さんは着物の扱いのプロなので、シワになるような返送をすることは無いとは思いますが、万が一の時に備えておきましょう。
シワになると買い取り金額が下がってしまう可能性もありますので。

個人的な見解ですが、宅配じゃなくても良いのであれば極力出張買取サービスを利用した方が安全です。

また、くどいようですが、こうしたトラブルが起きた際に誠実な対応がしてもらえるよう信頼のおける、確かな買取会社を利用しておいた方が良いです。

万が一のトラブルに備えて実績の高い業者を活用するようにしましょう

基本的に実績が高い業者であればトラブルに見舞われることは多くありません。

それにきちんとした会社さんであれば万一トラブルになったとしても、アフターケアーがしっかりしているので安心です。

ちなみに無名店や地元のリサイクルショップ等に持ち込む方もいますが、こうしたケースではトラブルに合う確率が比較的高めです。
リサイクルショップの場合、着物の価値判断が出来ないので、異様に買取価格が安く、損をしたというケースは多く聞きます。

また、買取業者は実はちょっと怪しい方々が裏で運営しているといったケースもあり、着物に限りませんがこうした買取系では時々トラブルに巻き込まれることもあります。
査定金額によっては売りたくないケースもあると思いますが、無理やり脅されて売らされてしまうことも無きにしもあらずです。

万が一こうしたことに巻き込まれてしまった場合、特定商取引法に違反しているケースも多いため、もし何か脅されたりトラブルに見舞われた際はこうしたルールに違反していないか確認するとともに、消費者ホットライン等に相談するようにしましょう。

泣き寝入りはダメです。

また、そもそもこうしたことに巻き込まれないように飛び込み訪問でやってくるような業者は利用せず、しっかりとした業者選びが重要です。

信頼できる買取店

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

クーリングオフ制度が使えれば売ってしまった後も安心

先ほど特定商取引法を紹介しましたが、基本的に出張買取等の訪問買取であればクーリングオフ制度が適用されます。

もし着物を売ることに同意してしまった後に何か不足のことに気が付いたらクーリングオフ(8日以内です)を活用しましょう。

なお宅配買取はクーリングオフ適用外なので注意しましょう。

トラブルは避けたいものですが、何か起きた際にもクーリングオフできればそれなりに安心です。

関連記事

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

遺品整理・生前整理の着物はどうする?

近年着物を売る方が増えておりますが、遺品整理や生前整理の際に買取を依頼するといったケースも多いです。

遺品整理等の際にはそれ専門の業者に頼むという選択肢もありますが、どのようにするのがいいのか見ておきましょう。

処分が目的であれば買取業者ではなく遺品整理・生前整理専門の業者に頼むと楽

遺品整理や生前整理を専門に行っている業者は多くありますが、あらゆるものをまとめて処分したいのであれば良い方法と言えるでしょう。
着物に限らず様々なものを買取・処分してくれるので、どこの業者を利用するかにもよりますが、手間という点では楽なことが多いです。

ただ、一つひとつの品物に関して見てみると、着物に限らず買取金額はどちらかというとそこまで高くないケースが多いので、注意も必要です。

買取目線で行くと、遺品整理業者に頼むよりも各ジャンルに強い買取店を利用した方が高く売れることが多い傾向です。

このあたりは目的に応じて使い分けた方が良いとは思います。

少しでも高く売ることを考えるのであれば、着物に強い買取店を利用するなどの工夫は必要です。

お金に変えたいのであれば着物買取店にお願いするのがおすすめ

上記で記載した通り、買取金額を重視するなら着物の買取店にお願いした方が良いでしょう。

基本的に着物買取店意外だと着物はまっとうな値段がつかないことも多いのと、見落としも多いので、ちゃんと着物の価値を判断してお金に変えるのであれば、着物買取店を利用することをおすすめします。

着物の出張買取サービスを利用すれば電話一本ですぐに査定しにきてくれるので楽ですし、どのくらい価値のある着物なのかを知っておいた方が良いと思いますので、売る・売らないに関わらず、個人的には着物買取業者に買取査定をお願いしておいた方が良いと思います。

着物をリサイクルして別の品物にする方も

着物自体はもう着ないけど、想い入れのあるものだったりすると、売ったり処分したりするのに抵抗があるという方もいらっしゃるかと思います。

そうしたケースでは着物としては使い道が無くても、リメイクして別のものに変えてしまうという方法もあります。

例えば着物生地を利用してカバンに変える方もいらっしゃいますし、クッションカバーとして利用する方もいらっしゃいます。

費用はそれなりにかかってしまいますが、着物のリメイクを行ってくれるお店もあるようなので検討してみても良いかと思います。

ただ、結局使わずに処分することになってしまったという方も多いようです。

一度リメイクしてしまったものは売るのが難しくなることも多いですので注意は必要です。

その他注意点としては、価値のある着物だったりすると非常にもったいないので、とりあえず最初は査定に出してみて、着物の価値判定はしておいた方が良いかと思います。

ごみとして処分する・一般的なリサイクルショップで売るのはやめておいた方が良い

ゴミとして捨てるのはあまりおすすめしません。
まず、自治体により処分方法が異なるため、調べるのが面倒という側面があります。

可燃ごみでOKであれば捨てやすいですが、物や地域によっては資源ごみだったり、費用がかかったりするケースもありますので、どうしても捨てたいということであれば必ずしっかり調べてルールを守って処分してください。

次に、着物は生地自体に需要があるので、基本的には売ろうと思えばだいたいのものは売れる、もしくは引き取りしてもらえます。寄付することも可能です。

リサイクルの需要も多いので、引き取り手は多いですし、正直もったいないので、基本的には捨てるという選択をするのはやめておきましょう。

ここまでで記載してきた通り、電話一本で家まで着物を買取に来てくれる業者は多いですので、せっかくなので捨てるくらいなら買取査定に出してください。

おすすめ買取店

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

着物の種類と買取相場

普段着物に慣れ親しんでいない方の場合、着物の種類や格など着物の違いについて全くわからないという方も多いようです。

フォーマルな着物なのかそれともカジュアルに使えるものなのか、着物の種類と一般的な相場について見ていきたいと思います。

着物の格について:染めの着物か織りの着物か

染めの着物の方が織りの着物よりも格が上でフォーマル度が高いとされています。

染めと織りの違いは、あらかじめ染められた糸で織られたものなのか、それとも後から染められたものなのかの違いです。
地色や柄が後から染められたものが「染め着物」となりますので、チェックしてみると良いと思います。

柄や紋の入り方も重要で、柄が縫い目で途切れずに一枚の絵のように描かれた「絵羽模様」は第一礼装の留袖か訪問着、柄に上下があれば訪問着を略式化して格が少し下がる付け下げとなります。

黒留袖と小紋以外の染めの着物は紋の数によって格は変動しますので、紋の入り方にも注目しておくのが良いでしょう。

ただ、これらの格式と買取金額には相関関係はありません。
基本知識としてまず前提として知っておいた方が良いので初めに記載しました。

買取相場と着物の種類

上記では着物のフォーマル度の違い(格の違い)について少し説明しましたが、格が高い着物だからと言って必ずしも高く売れるというわけではありません。

高く売れるものの特徴として、これまで説明してきた通り、有名作家のものなのか、サイズ感はどうか、保存状態はどうか、市場で需要のある種類のものか、歴史的価値があるものか等が考慮されます。

一概に定型化できるわけではありませんが、ザックリとした相場や一般論というものはありますので簡単に見てみましょう。

黒留袖・色留袖の買取相場:1,000円~10,000円前後

黒留袖の買取相場の画像

黒留袖は既婚女性の第一礼装の着物で、結婚式の際に新郎新婦のお母さま等がよく着ていて見かける機会もあることと思います。
裾周りにだけ絵羽模様があるのが特徴で、染め抜き日向五つ紋があるのが特徴です。

黒留袖は第一礼装の着物なので格は高く、比較的買取値段が付きやすい傾向にありますが、一般的な着物であれば1万円程度値段がつけばよい方ではないかと思います。

ちなみに、色留袖は黒留袖と違って、黒ではなく様々な色合いのものがあり、すそ周りにのみ絵羽模様が入っているのが特徴です。
未婚・既婚問わずに着られる正装で、紋の数で格が変わります。

全ての着物に共通して言えることですが、ここではあくまで一般的な買取金額を記載するにすぎませんので、当然ものによっては高くも安くもなりますので、しっかりプロの方に査定してもらって買取価格の確認をお願いします。

買取査定依頼でよく受けるものとして代表的な物が、京友禅千總の色留袖です。
これらは非常に査定依頼が多くなっています。
京友禅の色留袖は上記記載金額ぐらいでの買取になる傾向と言えるでしょう。

黒留袖・色留袖の詳細は以下の記事にて説明しておりますので興味のある方はご覧ください。

黒留袖とは?買取相場や金額も解説

色留袖とは?買取相場も解説

訪問着の買取相場:1,000円~30,000円

訪問着の買取相場

訪問着は需要があるので割と高く売れる傾向にあるように感じました。

訪問着は社交着として用いられ華やかなものが多く、既婚・未婚問わないフォーマル度の高い着物です。

明治時代に英語のビジティングドレスと同格の着物として考案されたものです。当時は訪問服と名付けられていました。

買取価格は比較的高い傾向にあり、3万円前後で売れるものもありましたが、最近の着物で素材が安っぽい(ポリエステル系のやつ)のだと1000円程度になってしまうこともあります。

一般的な絹であれば数千円から1万円前後の値段はつくと思います(状態が良ければ)。

自分で素材がわからないケースもあるかと思いますのできちんと査定してもらいましょう。

訪問着について知りたい方は以下の記事をご参考ください。

訪問着とは?

振袖の買取相場:10,000円~50,000円

振袖の買取相場の画像

振袖については多くの方がよく知っているものだと思います。
その華やかさは若さの象徴とされており、未婚女性の第一礼装となります。

振袖も割と高く買い取りしてもらえる傾向にあります。
晴れ着として成人式やその他パーティー等でも頻繁に利用されることから需要が高いということが理由として挙げられます。

ポイントとしては作家物や歴史的なものを除いては、流行みたいなものもあるので、古いものだと多少値段が落ちる傾向にあると感じました。

それでも1万円以上の値段がつくものがほとんどでしたので、振袖は比較的高額で買い取っていただけるケースが多いです(状態が良好な着物です)。

なお、加賀友禅や十日町友禅の振袖は比較的買取に出される傾向にあり、良く査定で見かけるものとなりますので、相場前後ぐらいの金額になるとともに状態を良く保っておく必要があります。

振袖について詳しく見たい方は以下をご覧ください。
振袖とは?

付け下げの買取相場:5,000円前後

付け下げの着物
付け下げというのは訪問着を着ていくほどではないな、というようなところへ行くためにつくられたもので、訪問着を簡略化した使い勝手の良い訪問着より気軽な着物です。

そもそも購入する時点で訪問着より安く買えるものなので、そういう意味でも結構人気があり、用途も広いので便利なことから需要は高いので一定の値段がつきます。

付け下げの買取価格は状態が良くて数千円のケースが大半ですが、1万円程度の値段がつくこともしばしばあります。

付け下げについては以下をご覧ください。

付け下げとは?

色無地の買取相場:3,000円前後

無地染めの着物で、紋をつけることで慶弔両用の準礼装として使えます。
格式のある一色染めで人生の節目の大切な時に使われてきたのがこの色無地です。

茶会の席でも色無地(一つ紋)を着ることも多いので、お茶をやっている方にとっては割と必需品で重宝するようです。

買取価格はそれなりに需要があるので値段がつきますが、数千円前後が多いでしょう。

概ね3000円~5000円程度で買い取りが行われる印象です。

色無地とは?

江戸小紋の買取相場:5,000円~15,000円前後

江戸小紋は江戸時代に大名が裃に染めた藩の定め小紋に由来しており、柄の大きさ、種類で着物の格が変わります。

江戸小紋三役と呼ばれる行儀、鮫、角通しの三柄は格が高く、色無地に見えるほど細かい柄の物は柄の名前の前に「極」がつけられます。

一つ紋を入れると準礼装として使えます。

柄の入り方で格が変わると書きましたが、大柄のものや遊びのきいた柄のものは町人文化の中でうまれたもので、普段着として使われるものとなります。

小紋のなかでも江戸小紋を始めとして、京小紋等も比較的需要が高いため、比較的高い金額で買い取ってもらうことが出来ます。

小紋とは?

紬の買取相場:3,000円~数万円

全国各地で作られている紬は、産地の名前を付けて呼ばれるます。
結城紬、大島紬といった有名産地の名前のものは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。

紬糸というのは、真綿を紡いで糸にしたものをいい、結城紬が代表的なものとなります。

一方で、先ほど紹介した有名な大島紬は、絹糸で織られた着物です。絹糸で織られていても、先染めなので紬とよばれるものもあります。

有名産地の紬はそれなりに高値で買い取りしてもらうことができますが、大島紬でも6,000円前後の買取が多かった印象があります。
※保存状態がそれほど良くないもので且つ有名作家が監修したようなものではありません。

証紙があるものは必ず証紙もつけましょう。

  • 結城紬(茨城県)
  • 大島紬・久米島紬(沖縄・久米島・奄美大島等)
  • 本場黄八丈(八丈島)
  • 牛首紬(石川県)

紬は人気があり高く売れます。

着物の帯やその他の付随品の買取相場

着物の帯や長寿版等も買い取り対象となります。

ただ、長寿版は下着に位置づけられるものなので、ぶっちゃけ高値で売れることはありません。

帯に関しては、名古屋帯、袋帯等の高級な帯は高値で買い取りしてもらえます。

買取価格は一概にいえませんが、1000円~8000円前後で売れます。

もっとも格の高い袋帯は比較的高値で売れますが、華やかな名古屋帯も高値で売れました。

帯や小物類で高く売れるものの事例は以下となります。

  • 北村武資の袋帯
  • 初代久保田一竹の帯
  • 龍村美術織物の帯
  • 名古屋帯(琉球びんがた)
  • 血赤珊瑚帯留め

着物同様に帯も作家物は一定の値段以上で売れる傾向です。

各産地の着物と買取相場について

上記までで少し触れましたが、着物や織物は産地により価値や特徴が変わってきます。

紬の買取相場の項目では大島紬(奄美大島)、結城紬(茨城)など有名なものに関して触れました。

東京であれば八丈島の黄八丈や江戸伝統の江戸小紋等を紹介しましたが、産地別の着物・織物の特徴を見ていきましょう。

東京の着物と買取相場:黄色い格子柄の着物の黄八丈や東京友禅に関して

黄八丈の画像
画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E5%85%AB%E4%B8%88

東京は東京でも、伊豆諸島の八丈島で織られている絹織物の総称を「黄八丈」と呼んでいます。
格子や縞の柄が多いです。

無地や染め分けもあるのですが、こっちの方は「八丈絹」と呼ばれることが多いです。

一般的には黄色の糸を使ったものが主流ですが、他にも樺色と黒の黄八丈もあります。

歴史的には、黄八丈は黄紬の名で鎌倉幕府の北条氏に献上された歴史を持ち、江戸時代には江戸幕府に「八丈絹」として献上され、その後一般の町人たちにも愛用されるようになっていきます。

黄八丈という名は江戸時代の終わりころに呼ばれるようになっていきました。

よく時代劇や歴史もののドラマなんかで黄色っぽい格子柄の着物を着た町娘の方が映っているかと思いますが、あれらはだいたい黄八丈です。
イメージ湧きますでしょうか?

なお、紬糸のものはわずかで、生糸を用いて平織りされているものがほとんどです。

黄八丈の買取相場

黄八丈は人気で買取相場も比較的高い着物です。
ただ、黄八丈と言ってもいくつか種類があり買取相場は様々です。

有名作家(山下家)のもの伝統工芸士(西條吉広氏)のものは高い値段が付きます。

過去の経緯から有名作家ものでもなく証紙も無い一般的な黄八丈ですと高くて数千円です。

一方で有名作家の山下家の作品や西條吉広氏の作品だと数十万円で買取してもらったという話を聞きます。

上記で黄色のものが基本であるとお伝えしましたが、現代においては黒の黄八丈の需要が高まっていると買取業者さんから聞きました。
現代はコーディネートの都合からどうやら黒の方が合わせやすいというのが理由のようです。

証紙付きの黒の黄八丈であれば数万円~10万円での買取もあるとのことですので、しっかりプロの買取会社さんにみてもらってしっかり価値を判定してもらいましょう。

東京友禅の着物の買取相場

東京友禅も買取査定で良く見かけます。

東京友禅といってもあくまで染色技術の一つなのでその着物は多岐にわたることから一概に東京友禅だからいくらと相場があるわけではないのですが、売り手も買い手もそれなりにあり、需要のある着物の一つです。

東京友禅の着物に関しては以下もご参照ください。
東京の着物買取店を紹介!東京都で着物を高く売るにはどこがおすすめ?

石川県の着物と買取相場:「加賀友禅」と「牛首紬」について

加賀友禅は恐らくほとんどの人が名前を聞いたことがあるかと思います。

金沢を中心に染められている友禅染です。

一方で牛首紬は馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、頑丈で生地が釘に引っかかっても破れないどころか、むしろ釘を引き抜いてしまう、と言われるほど頑丈とされており、そうした逸話から「釘抜き紬」として呼ばれていたこともあります。

簡単に加賀友禅と牛首紬の買取相場について見ておきたいと思いますが、より詳細が知りたい方は以下よりご確認ください。

石川県の着物買取店を紹介!石川で着物を高く売るならどこがおすすめ?

牛首紬の買取相場

牛首紬は買取に出したことがありませんので、着物買取会社さんからの情報をもとに記載させていただきます。

買取店でも強化買取対象の着物に入っていることが多く、他店より高く買取するから売ってほしいというお話もよくある着物で、相場は数万円程度とのことです。
有名作家の物であれば、他の着物同様に数十万円の値が付きます。

ただ、当然証紙の有無、保存状態の良し悪しが関わってきますので、相場は有ってないようなものなので、あくまで参考程度に留めてください。

加賀友禅の買取相場

加賀友禅は高額買取が期待できる着物ですが、作り手により金額が大きく変わるので、買取を依頼するケースではしっかり着物がわかる人に見てもらう必要があります。

比較的市場に出回っている着物であり、加賀友禅の黒留袖などは買取査定でよく見かける着物なのでかえって値段がつかないこともあります。

長野県の紬:信州紬についてと買取相場について

信州紬の生地画像

個人的には信州の出身ということもあり、好きな着物です。

信州の中でも「松本」や「上田」、「飯田」等の地方によって少しずつ違いがあり、松本紬や上田紬とそれぞれの地名で呼ばれます。信州紬はそれら信州の紬をまとめた総称です。

その中でも上田紬は日本三大紬の一つとして言われることもあるくらい有名で(大島紬と結城紬は有名ですが3つ目は上田紬と言われることが多いです。ただし、上田紬以外のものが入ってくることも多いのも実情で諸説あります)、井原西鶴の浮世草子の日本永代蔵にも登場します。

その他草木を利用して染める技法も特徴で、深みのある味わい深い着物が多くて好きです。

注意点としてはその特徴から買取相場はあってないような着物で非常に難しいので、しっかり着物のプロに査定してもらいましょう。

以下にて信州紬の詳細や買取相場について詳しく記載しています。

長野県の着物買取店まとめ 長野で着物を高く売るならどこがいい?信州紬も紹介

岡山県の着物:作州絣と買取相場について

岡山と言えば作州絣が有名でしょうか。

杉原博作が有名ですが、伝統的工芸品に指定されており、人気もあります。

木綿の着物ということ、絣の特性からそれほど高値なものではありませんが、需要があるため一定の金額で買取される傾向です。

作州絣に関する詳細や買取相場については岡山県で着物買取をお願いするならどこがいい?口コミ・評判・実体験から岡山でおすすめの着物買取店を紹介!の記事内の作州絣の項目で触れておりますので、詳細はこちらのページをご覧ください。

愛知県の着物:名古屋友禅や有松・鳴海絞りの買取相場について

愛知県にも名古屋友禅や有松・鳴海絞りといった有名なものがあり、伝統工芸品などに指定されています。

有松・鳴海絞りは全工程が手作業であり、手間暇かけて作られる着物で、人気もありますので一定の需要があることから買取金額もそれなりにつくケースがあります。

名古屋友禅に関しては東京友禅等その他の友禅染の着物と同様の理由から相場はあってないようなものとなります。

買取相場や愛知の着物の詳細は以下の記事の下の方に記載してありますので目次を確認頂き参照ください。

愛知県で着物買取を依頼するならどこがいい?愛知の着物買取店まとめ

京都の着物と買取相場について

京都の着物は様々な伝統工芸品があり、高値で買取されるものも多くあります。

西陣織
西陣織というと帯を思い浮かべるかもしれませんが、西陣御召や紬などもあります。
西陣織といっても様々なアイテム・作家がいることから一概に買取相場はいくらですといった呈示はできませんが、高額買取されるものもございますので、お持ちの際は和装・着物に詳しい業者に見てもらいましょう。

京友禅
京友禅の色留袖がよく買取査定でみかけるアイテムとなっています。
作家物なのかどうかで買取金額に大きな差がでるものですが、基本的に他の友禅染の着物同様に多く取引されるものですから、保存状態などにより買取金額は大きく変わるとともに作家物でもない限り一般的な相場の金額前後がつけられ、高額買取というケースは少ないでしょう。

こうした京都の着物、京都産地の着物の買取相場については以下の記事の下の方で説明しておりますので、詳細はそちらをご確認ください。

京都府で着物の買取を依頼するならどこがおすすめ?京都府の着物買取店一覧

鹿児島の着物と買取相場について

鹿児島といえば大島紬でしょうか。

着物に詳しくない方でも名前くらいは一度は聞いたことがある方が良いでしょう。
高価買取される着物の項目でも紹介しましたので詳細は省きますが、保存状態や証紙の有無によっては非常に高く買取される傾向にあるため、しっかり査定してくれる着物買取業者にお願いするようにしましょう。

鹿児島の着物・大島紬については以下のページで紹介しておりますのでそちらから詳細をご確認ください。

鹿児島の着物買取店はどこがおすすめ?鹿児島が産地の着物の買取相場も紹介

新潟県の着物の買取相場:紬が比較的需要がある

新潟県も着物の産地として有名ですね。

塩沢紬や小千谷紬等は比較的高額買取が期待できる着物です。

塩沢紬を始めとして、新潟県の着物についてや買取相場が気になる方は以下のページにて詳細に説明しております。

新潟県の着物買取と新潟産地の着物の買取相場について

上記ページをご参照ください。

茨城県の着物(結城紬)の買取相場

茨城県といえば結城紬ですね。

結城紬は人気も高く高額買取が期待できる着物の一つです。
国の重要文化財、伝統工芸品にも指定されており(本場結城紬)、人気も歴史もある絹織物です。

一般的な結城紬の場合、証紙があって数千円~5万円前後くらいの買取金額であることが多いですが、本場結城紬であれば5万円~12万円程度の買取金額となることが多いです。
※状態等にもよります。

非常に人気があり、ファンが多い着物なので、もしお持ちの結城紬を査定に出す際は期待しても良いでしょう。

結城紬の買取相場に関する詳細は下記ページをご参照ください。

茨城県の着物買取店と茨城県の着物結城紬の買取相場について

福岡県の着物の買取相場

博多織、久留米絣等が有名ですね。

博多織の帯は比較的人気が高く、状態によっては高値で売れることも多い傾向にあり、比較的買取相場は高めでしょう。

詳細につきましては以下の記事よりご確認ください。

福岡の着物買取店を紹介!福岡県で着物を高く売るならどこがおすすめ?

山形の着物の置賜紬の買取相場

置賜紬も有名ですね。
特にその中でも紅花紬は人気もあり、高額買取が期待できることから数万円~10万円以上での買取実績もあります。

山形の着物や買取相場については以下より詳細をご確認ください。

山形県の着物買取店と山形が産地の着物の買取相場について

沖縄県の着物(久米島紬等)の買取相場

沖縄県は染織物が盛んで様々な着物があります。
紅型や久米島紬、花織など沖縄特有の柄も多く、人気が高いものも多いです。

特に久米島の紬は島の植物を活用した染料で染め、落ち着いた素朴な色合いが人気であり、見た目、着心地、希少性からかなり人気が高い紬です。

1年かけて手作業でじっくり作られることから数も少ないので非常に高値で売れますので、しっかり価値のわかる買取業者に査定を依頼しましょう。

以下の記事にて沖縄の着物買取に関することや沖縄の着物の特徴、買取相場なんかを説明しておりますので、沖縄の着物に興味のある方はご覧ください。

沖縄の着物買取店と沖縄の着物の買取相場について

着物買取店を都道府県別で探す

上記で各産地の着物の買取相場や地域ごとの着物に関して紹介しましたが、以下に都道府県別に着物買取店を探したい向けにまとめますのでご参照ください。
各地域地場に密着した買取店もございますので参考にしてみてください。

音楽と着物

着物の買取とは一見なんの関係もない音楽について触れておきたいと思います。

私は音楽(ピアノ、クラシック、ジャズ等)が好きで、楽団や合唱団(といってもサークルみたいなものです)に所属していたこともあります。

自分がやるのも好きですし、聞くのも好きです。
コンサート等に着物を着ていく機会もあります。

そのため、音楽鑑賞に着ていく際の着物のコーディネートや音楽柄の着物に関しても少し情報配信していければと思っております。

最近は音楽家や楽団の方と染師や着物業者がコラボしたようなイベントも行われており、少しでも着物に興味が持てる人が増えてくれればいいなと思います。

まだ情報は少ないのですが以下のページにて着物と音楽に関する情報の更新を行っております。

着物と音楽

着物や着物買取に関する調査・ニュース

着物の買取に関する市場調査を行ったり、着物が好きな方向けに役立つニュースなんかを配信しています。

着物がもっと身近なものになれば良いと思っていますので、着物の買取に関する情報だけでなく、着物がきたくなるようなものも配信していきます。

評判や口コミから着物買取店を探す

着物買取店を利用した方の声や感想が気になるという方もいらっしゃるかもしれません。

多くの口コミが寄せられておりますので、それらを参考までに一部紹介しております。
他の人がどのように感じたのか気になる方は参考にしてみてください。

なお、同じ買取店でも良い評判、良くない評判の両方があります。
感じ方は人それぞれですので参考程度に見るのが良いでしょう。

着物は海外でも需要があり意外と売れる

着物のイメージ画像

近年趣味で着物を楽しむ人も増えていることから着物の買取需要も増加傾向です。
意外なところで行くと海外でも着物は注目されており、意外と需要はあります。

着物の買取サービスを利用される人も毎月数万人もいらっしゃるようで、市場は活況です。

もし着物を売ろうとお考えの方がいらっしゃいましたら、需要が高く、高値で売れる今の時期に売ることをおすすめします。

初めて着物の買取査定をお願いするケースや特に懇意にしている着物買取店が無いという方は、比較的高額で買い取ってもらえるケースの多いバイセルや福ちゃんを利用すると良いと思いますので、まずは査定だけでもお願いしてみてはいかがでしょうか。

買取査定おすすめ店

近年、遺品整理や生前整理、部屋の掃除に関連して断捨離等の影響もあり着物の買取を依頼する方が増えています。 また、テレビCMやチラシの影響もあり、「うちの着物も高額買取してくれるのではないか?」という期待もあり着物買取業者へ問い合わせする方[…]

目次