転職・求人サイトのSEOは何が重要なのか?

  • 2019年10月21日
  • 2019年10月27日
  • 転職SEO

近年人材紹介事業を始める企業はものすごく多くなっており、労働局の方の話によると都内だけでも毎月150社くらいが職業紹介免許の申請を行うようです。

転職市場は売り手市場ということもあり、儲かるのでは?と安易な気持ちから始める企業もあるかもしれませんが、ハードルになるのが転職希望者集めです。

潤沢な予算をお持ちの企業であればばら撒き広告でそれなりに集客が可能ですが、一般的な中小企業の場合、ポータル等のスカウトシステムを利用して集めるところも多くあります。

ただ、労働集約的な働き方になるので、従業員が疲弊しますし、そもそもライバルが多いので非常に効率が悪くなります。

そのため、多くの企業がHPを作り、SEOやSNS等を駆使してなんとか集めようとするわけです。

ここではHP、特にSEOを活用した方法について見ていきたいと思います。

長文記事によるSEO

2019年現在も長文記事を書くことで、ドメインパワーが弱くてもある程度上位表示させることは可能です。

運営歴の浅いアフィリエイトサイトに多い傾向ですが、長文で尚且つ中身がしっかりしていれば1ページ目以内に表示をさせることは可能でしょう。

例えば、「会計士 転職サイト・転職エージェント」等のキーワードで上位表示されているこの士業Jobというサイトですが、文字数が3万文字近くあります。
文章は文字数稼ぎの影響もあったのでしょうが、少々冗長です。ただ、内容はマニアックでしっかりしています。

ドメインパワーはmozのツールで4と非常に低く、ほとんど被リンクも無い状況ですが、5位程度に位置されており、それなりにCVが発生していることが予想されます。

このように、ある程度中身を作りこみ、長い記事を作ることで、転職者を集めるためのキーワードにて上位表示し、SEOで転職者を集めることは、アフィリエイトサイトであろうが転職サイトであろうが可能です。

長文になるとユーザビリティーが悪くなるのでCVrは落ちますが、そもそも人に見てもらわないと始まらないということもありますので、まだドメインが弱いうちは長文且つ中身のある内容でページ構成を考えてみることで上位表示が可能です。

私も新規サイトを作成する際は、CVさせたいキーワードで1つ必ず超長文のページを作るようにしています。

サイトが育ってきた段階で、適正な構成にまた少しずつ手を加えていきます。

良質な被リンクを獲得する

長文記事を何本も書くのは厳しいので、良質な被リンクを獲得し、サイトドメインのパワーを強くしていくことも重要です。

転職サイトの場合、被リンクは実は獲得しやすい傾向にあります。

まず、求人企業に対してインタビューを行い、それをサイト上に掲載。

そして、インタビューをした企業側にインタビューが掲載されました、ということでサイトにリンクを送ってもらうというこれだけでかなりドメインが強くなります。

このリンクは関係性の高いリンクになるので、非常に評価されやすい傾向にあります。

リンクしてもらう際は、〇〇(職種等)の転職サイト〇〇(サイト名)等のようにアンカーテキストを可能であれば入れてもらうようにしましょう。

これやってるだけでめちゃくちゃ強くなります。

なお、アフィリエイトサイトの場合はこうしたことが困難なケースが多いです。

そのため、中古ドメイン等を活用し、質の高いリンクが貼られているドメインを最初から利用するというのも一つの手段です。

例えば、薬剤師 転職で検索した際に1位に表示されるのは、転職サイト等の公式サイトではなく、アフィリエイトサイトと思しきサイトが表示されます。
※2019年10月現在こちらのサイトが表示されます。

こちらのサイトを拝見させていただくと、決してコンテンツが充実しているわけでもありません。
TOPページに関しては内容は詳しく書かれており、内容の質は良いとは思いますがなんで1位なのかがわかり難い結果となっています。

調べてみると上位に表示されている要因の一つとしては質の良い被リンクが当てられていることが挙げられます。

図書館の論文データベースからの被リンクがたくさんあたっており、ドメインのパワー、質ともにかなり良いものがあてられており、サイト自体の質が良いと判断されるのにとても良いリンクがたくさんついています。

元々、病院の患者向けの図書館サイトが運営されており、医療関係のリンクが多くなっています。

そのため、サイトとの相性もよく、非常に良質なサイトであるとGoogleから判断されているものと考えられます。

注意点としては、ドメインパワーの強い中古のドメインならなんでもよいというわけではなく、自身が運営しようとしているサイトとなにかしら関係のあるリンクが当てられていたドメインを取得すると良いでしょう。

こちらのサイトのようなものはなかなか見つけることが難しいかも知れませんが、探せばありますので、少しでも良いリンクがついたドメインを探し、購入してください。

ドメインの価格は、およそ3万円~15万円ほどで購入できるかと思いますが、アフィリエイトサイトの運営でまずは試しに、ということであれば、安いドメインで実験してみるのが良いでしょう。

求人サイトはリスト形式のコンテンツに価値

転職サイトの多くは、求人を掲載していますが、この求人リストはSEO上非常に重要です。

求人等のキーワードで検索してみればわかりますが、求人リストが非常に評価される傾向にあるため、このあたりをしっかり対策していく必要がありますが、これに関する詳細についてはまた別の機会に記載したいと思います。

なお、アフィリエイトサイトの場合、求人を掲載することは無いかと思いますので、アフィリエイトやブログの場合、コンテンツにて「転職」に関するキーワードで上位表示を狙っていきましょう。